2010年11月26日

ハスクバーナファミリー125シリーズご購入の皆様にお得な情報

皆さんこんにちは。広報担当・杉村です。


発売開始から非常にご好評頂いております、SMS4とTE125。

125tでありながら今日国内では存在しないフルサイズの本格的な車格は、平均的な身長の方が乗車しても窮屈になることも無く、通勤や通学またはちょっとしたワンデイツーリングも余裕でこなす、まさにオールマイティーなモデルとなります。

SMS4は17インチホイールを装備し、スーパーモタードモデルを世界でいち早く販売したハスクバーナの設計理念に基づき送り出されたモデルとして、すばらしいハンドリング性能とサスペンションセッティングで、人気を博しています。

一方、TE125もフルサイズデュアルパーパスモデルとして、TE250やTE310と比較しても遜色のない本格的な装備をもち、トレールライディングを存分に楽しむことが出来ます。また125tというランニングコスト面で非常にアドバンテージを稼いでいます。

それぞれ個性的で一度ご試乗いただいた皆様からは笑みがこぼれるほど。モーターサイクルはライディングが楽しく無ければいけませんね。


スーパーモタードモデルで街を駆け抜ける楽しさ。
デュアルパーパスで野山を疾走する爽快感。
どちらも非常に魅力的な車輌です。
そしてイザご購入を考えるとSMS4にしようかそれともTE125にしようか迷うところですが、そんなご購入をご検討いただいている皆様にちょっといいお知らせがあります。それがこちら。

hva_257210_001.jpg


SMS4、TE125のオーナー様に、もちろんすでにオーナー様として楽しんでいただいている皆様に、

SMS4に装着されている純正17インチ前後ホイールセットが\69,000で、
TE125に装着されている純正フロント21インチ/リア18インチ前後ホイールセットが\68,000で
それぞれ限定25セットの特別価格でご提供いたします。

TE125を購入し、17インチホイールセットを購入して、週末のトライモタードやハスクバーナカップに参加したり、
もう1セットTE125ホイールセットを購入して、エンデューロタイヤを装着しておいて週末のレースの為に取っておくことも可能になります。

SMS4を購入して、普段は街乗りに通勤・通学に。週末は21/18インチホイールに交換してオフロードコースで楽しむ。
または、17インチホイールセットを購入してレアル1やハスクバーナカップに参加用のスペアホイールとしてご購入するのもいいと思います。

つまり、お好きなホイールをお買い求めいただくことで2台分の楽しみ方、遊び方が出来るという事になります。

どちらのモデルをご購入いただいても楽しさは2台分、いいえ楽しみ方は無限に広がります。
是非この機会にご検討下さい。

posted by 広報 at 16:58| キャンペーン告知

ダートスポーツにて、TE250・310/WR250を御紹介いただきました。

皆さんこんにちは。広報担当・杉村です。

ds1101.jpg


今回は、ダートスポーツ様がTE250とTE310、WR250をインプレッションしていただき、大きく取り上げていただいたので、ご紹介いたします。

インプレッションライダーはダートスポーツ専属のライダーでお馴染みのIAワタライ氏。とても表現豊かで的確にマシンの特徴を解説していただいてます。試乗しているときも真剣にじっくりと時間をかけていたのがとても印象的でした。

当日のインプレッションの様子をダートスポーツ様より何点か画像をご提供いただきましたので、ご紹介いたします。

JH8V0122SMALL.jpg


今回のプレス様対象のローンチは富士が嶺オフロードさんにて行いました。当日は午前中少し冷えましたが、午後からは大分あたたかくなりました。

JH8V0188SMALL.jpg


晴れ渡った後の景色は非常に良く富士山も雪化粧をして大変美しい写真が撮れました

JH8V0231SMALL.jpg


ダートスポーツ誌ではお馴染みのインプレッションライダーIAワタライ氏。TE310を前にしてサムアップ。
じっくり乗り込んでいただき、中身の濃いインプレッションをしていただきありがとうございます。

JH8V0232SMALL.jpg


JH8V0273SMALL.jpg


JH8V0294SMALL.jpg


WR250のインプレッションもしていただきました。詳細は是非ダートスポーツ1月号をご覧下さい。
今回は4ページフルカラーにて紹介していただきました。ありがとうございます。

JH8V0359SMALL.jpg





そして、次号は外国製オフロード125ccモデルのイッキ乗りインプレッション特集で、ハスクバーナからは現在人気急上昇中のモデルTE125も紹介される予定です。これも楽しみな企画ですね。

dslogo.png


非常にわかりやすい記事内容で人気の高いダートスポーツ誌。殆んどの書店でご購入いただけますのでTEシリーズWR250が気になる方は是非ご購入下さい。




posted by 広報 at 15:24| 日記

2010年11月18日

MV AGUSTA BRUTALE×UNIQLO

皆さんこんにちは。広報担当・杉村です。

本格的に冬が到来し、朝は地域によっては氷点下になるところもちらほら。
それでもまだまだ走れる場所はいっぱいありますね。関東地方の皆さんは西伊豆、関西地方の方は紀伊半島は比較的暖かく、まだツーリングを楽しむことが出来るのではないでしょうか?

とはいえやはり寒いことにはかわりはありませんので、防寒はしっかりしてお出かけになった方がいいですよね。現在では非常に保温性に優れたライディングウェアーが数多くありますので、うまく組み合わせることによってずいぶん快適にツーリングすることが出来ます。

まさにこの度そんな話題にぴったりのコマーシャルが放送されています。もうご覧になった方も多いのではないでしょうか?



そうです!松田龍平さんが乗っているのはMV AGUSTA BRUTALE 990Rなんですね。
かっこいいですね。冬にバイクで出かけるとどうしても厚着になりがちですが、インナーを一枚高性能なものにすると、驚くほど軽快な装備で今まで以上に暖かくなります。

また、モーターサイクルにとっては空気の密度が高くなる冬は非常に調子がいいんです。冷たい風も慣れてくると心地いいですし、休憩の際のホットコーヒーも格別です。

s-brutale1090.jpg


澄み切った空気の中、暖かくしてMV AGUSTAモーターサイクルでツーリングをお楽しみ下さい。


posted by 広報 at 18:51| 日記

Ride is lifeレポート

RIDEISLIFE.gif


皆さんこんにちは。広報担当・杉村です。

11/13・14に開催されたRIDE IS LIFE、非常に盛り上がりました!!
スーパークロス、エンデューロ、ミニモト、トライアルそして、エンデューロクロスとダートバイクレースがてんこ盛りのイベント、レースに出場しているライダーも招待された国内トップクラスのライダーの競演ですから、見応えは十二分であったのは間違いありません。

今回はその中からエンデューロクロスを取り上げて、レポートしたいと思います。

logo_final_preview_042.jpg


今回のRed Bull Rocks&Logsにはハスクバーナから、4名のライダーがエントリーしました。

#14 モトプリサイス 博田 巌 選手
ハカタさん丸太.JPG

#13 オープンエリア 小菅浩司 選手
小菅さんウェイト.JPG

#10 レアルエキップ 内山康臣 選手
S-康臣.jpg

#55 CPスポーツ   松本 康 選手
S-ヤッシタイヤ.jpg


S-ブリーフィング.jpg

初日タイムアタック前のブリーフィングの様子です。

写真よりも動画でご覧になった方が断然わかりやすいと思いますので、XPRESS JAPAN様から配信している
YOUTUBEをご覧下さい。


エンデューロクロスはモトクロスと比較するとコース全長は短いですが、大きな重機用のタイヤ、プール、丸太、ガレ場、切り株のプールなどのセクションを設けて、ライダーの勇気とパワー、テクニックを総合的に試されるレースです。

絶妙な難易度に設定されたコースは、日本国内のトップライダー達にとってもエンデューロクロスそのものが国内ではまだ開催されている回数は少ないので、攻略しがいのある物であったのではないでしょうか。

見ているこちらも次第に身体に、応援に力が入ってきます。

バランスを崩して転倒するライダー、
勢い余ってコースアウトしてしまうライダー、
ロックセクションで立ち往生し、なかなか抜け出せないライダーなど、
応援せずにはいられません。

私はこのタイムアタックの様子を目の当たりにして、これから出走するライダーや走り終えたライダーが今そこでタイムアタックしているライダーに精一杯の応援をしている後姿を見て、心の底からモータースポーツのすばらしさを体感したような気持ちでした。

エンデューロライダーとモトクロスライダーそしてトライアルのライダー、メーカーも問わず応援しているライダーの姿を見た観客の皆さんもまた白熱していました。

そして、初日タイムアタックのリザルトは以下の通り。
(出走28台)

10位 #55 松本 康選手  53.339
19位 #14 博田 巌選手 1:04.335

とハスクバーナチームも大健闘しました。
トップの選手は田中 教世選手で48.117でした。

そして2日目には予選ヒート、準決勝、決勝の順で1ヒートにつき8台が一斉にスタートする大迫力の
レースとなります。

予選前のフリー走行では入念にコースを下見し、作戦を練ります。こちらは松本 康選手

S-ヤッシ作戦.jpg


ライダーももちろんそうですが、サポートスタッフも走りやすいラインを見つけるべくコース内の他のライダーの走行ラインを研究しています。

S-練習走行.jpg


そして観客の皆さんがどんどん集まり予選ヒートがいよいよ始まります。

S-観客.jpg









こちらは鈴木健司選手、田中太一選手、松本康選手のオンボード映像です。



決勝ヒート



今回は残念ながら決勝にコマを進めることが出来ませんでした。

ただ、今回このイベントがモーターサイクルスポーツの楽しさ、興奮を皆さんに体感していただく事が出来たという点において、すばらしいイベントであった。ということは間違いありませんし、またその記念すべき第1回目のイベントに参加できたことは非常に価値のあることだと私達は確信します。

継続して開催することに意義があり、それを楽しみに待っていただける様なイベントの一員として、このイベントに参加し続けたいと思います。


今回全くのゼロからここまでのイベントを興したスタッフの皆さんには敬意を表しますと共に、お誘いいただいたことに感謝いたします。ありがとうございました。

また来年このイベントで皆さんにお会いする事を楽しみにしています。


MV AGUSTA JAPAN スタッフ一同





posted by 広報 at 10:17| イベント・HUSQVARNA

2010年11月17日

トライ オフロード ライド 4th in しのいサーキット

皆さんこんにちは。広報担当・杉村です。

11月はまだまだイベント盛りだくさんで、毎週末に日本各地で行われていますが、弊社MV AGUSTA JAPANでも精力的にブース出展を行っております。

イベント会場でハスクバーナ、MV AGUSTAブースを見かけましたら是非お越し下さい。2011年モデルの新型車やハスクバーナマガジン、アパレルグッズなど展示・販売をしております。

そして今回も、エンデューロイベントのお知らせです。横浜にありますハスクバーナオフィシャルディーラー様である、ハスキーストア横浜様主催のトライ オフロード ライドも今回で4回目となりますが、エンデューロを体験してみたい、これから始めたい方にとって配慮されたこのイベント。参加された皆様からは非常に好評です。

S-tor_banner.jpg
 


11/23(火曜日)開催です。弊社からも試乗車としてTEシリーズ2011年モデルをご用意する予定です。
 
 
開催クラスは
・1時間エンデューロ(初心者向け)
・2時間エンデューロ(中級者向け)
の2クラスです
 
もともと車のダートトラック用のコースを
スタッフが手掘りで改造して新たなコースを作ったものです。
基本的に林道+αというコース設定で、トレールタイヤでも
十分に走破できるように配慮しており
1時間エンデューロと2時間エンデューロでは
別々のコースを使います。
初心者コースはミニモトでも走れるようなコースです。
 
基本的にチームで参加して頂きますが
一人での参加も可。また、チームはメンバー固定でもOKですし
個人で申し込んでランダムなメンバーで新にチームを作るということも可能です。
 
料金は
1時間エンデューロ 1名:4500円 以降1名につき+2500円 
2時間エンデューロ 1名:5500円 以降1名につき+3500円 
となっています
※保険料は当日別途500円/1名

お申し込みは、以下のファイルをダウンロードして
ご郵送いただくか、直接店頭にてお申し込みください。
 ※申し込み用紙3名分しか記入できませんので、4名以上で
お申し込みされる場合は用紙を追加でご用意願います。
 
 
その他詳細は大会チラシをご覧頂くか、直接お店まで
お問い合わせください。
皆様のご参加をお待ちしております。

■各種資料ダウンロード(PDFファイル形式となっております)
・大会告知チラシ
・大会規則書
・申込書
・タイムスケジュール

いかがですか?いよいよ今年も終盤で、開催されるイベントも少なくなってきております。
「まだまだ遊び足りない」方は御参加してみてはいかがでしょうか?参加車輌のメーカーは問わないイベントです。

参加応募締め切りも11/21(日曜日)まで受け付けております。この機会に是非御参加下さい。
posted by 広報 at 14:58| イベント・HUSQVARNA

2010年11月11日

RIDE IS LIFE Offroad Bike Party 2010

RIDEISLIFE.gif


皆さんこんにちは。広報担当・杉村です。

今週末は11/13(土)・11/14(日)の2日間に渡って行われる日本最大のオフロードバイクイベント、
RIDE IS LIFEが大阪府にあるプラザ阪下で行われます。

エンデューロ・モトクロス・ミニモトクロス・トライアルそしてエンデューロクロスとレース内容も一つの会場で開催される数としては間違いなく日本一の、ビッグイベントとなります。

さてここで皆さん、エンデューロクロスという聞きなれない競技が今回開催されますがご存知でしょうか?
簡単にご説明いたしますと以下の通りとなります。(RIDE IS LIFE HPから転用)


logo_final_preview_042.jpg



岩、丸太、そして巨大なタイヤ…。日本初の本格的エンデューロクロスがついに実現! トップライダーたちの熱き戦いをDon’t miss it!!

そんなタフなセクションを散りばめたコースで行うレースが「エンデューロクロス」。元々ラスベガスでショーとして始まったエンデューロクロスは、スーパークロスの華麗さとエンデューロならではの過酷さを盛り込んだスタジアムイベントです。
  
ただ走り抜けるだけでも困難なセクションは、時にテクニック抜群のライダーでさえ跳ね返します。そのため、1人のライダーがブッチ切りで勝つ、という展開にならないことが観客にとって面白いところ。たった1つのミスで順位が入れ替わり、そしてまた入れ替わる波乱の展開が見どころです。
また、足で上ったり歩いたりするだけでも困難なセクションを、ライダーたちがいかにクリアしていくかも見どころ。

今回開催されるエンデューロクロス「RedBull Rocks&Logs」では、日本を代表するトップライダーに加え、前日に開催される一般参加エンデューロの優勝者を招いての栄光のバトルとなります。
手に汗握るエクストリーム・イベントを、ぜひお楽しみ下さい!


以上の説明で皆さん、興味がわいてきたのではないでしょうか?これは非常に見応えのあるイベントと思います。

そして今回このエンデューロクロス「RedBull Rock&Logs」にハスクバーナは4人のライダーの参加を予定しています。

#55 松本 康選手 チーム名:Agip Husqvarna
#10 内山康臣選手 チーム名:レアルエキップ・ハスクバーナ
#14 博多 巌選手 チーム名:モトプリサイス
#13 小菅浩司選手 チーム名:モトクラブオープンエリア MV AGUSTA JAPAN

の4名がエントリーしています。もちろんハスクバーナブースも設置し、2011モデルTE250/310 WR250の展示もいたします。また、ハスクバーナの歴史、レース活動などが網羅されているハスクバーナマガジンを配布する予定ですので是非ハスクバーナブースにお越し下さい。

更に詳しい内容についてはRIDE IS LIFEホームページをご覧下さい
logo-main.gif




posted by 広報 at 14:03| イベント・HUSQVARNA

2010年11月02日

11月6日(土)は本年最後のトライエンデューロです。

as-SHUGOU.jpg

皆さんこんにちは。広報担当・杉村です。

第1回のトライエンデューロは皆様のおかげでたくさんの御参加を頂きありがとうございました。そして本年においては2回目となる11/6(土)のトライエンデューロが年内最後のハスクバーナアカデミアとなります。以前からオーナー様、正規ディーラー様、そして何より弊社スタッフが、エンデューロの楽しさ、奥深さ、そして達成感を皆さんに体感していただきたく皆様のエントリーをお待ちしております。

今回も豪華なインストラクター陣で、小菅浩司選手、大西健太郎選手、オープンエリア代表中嶋宏明氏そして伊那サーキットのご協力があってのことです。ご協力いただいた皆さん本当にありがとうございます。

「エンデューロに興味がある」「エンデューロはもうやっているけど練習する場所がない」「一人で練習してもこれがいいのかどうかわからない」「ライディングスキルの向上を図りたい」「とにかく乗ってみたい」などなど色々な皆様一人ひとりの課題やご希望に応えられるよう、2クラス編成でスクールを開催します。

インストラクターも非常にフレンドリーで、エンデューロを心の底から愛してやまないスタッフばかりです。エントラントがエンデューロを心底楽しめるように運営しています。


それでは前回のトライエンデューロの様子をご紹介したいと思います。
as-P8072253.jpg

さて、早速当日の様子をご紹介いたします。

10:00 本部テントにて受付開始

10:30 パドック2階会議室にてブリーフィング

as-P8072255.jpg

ここで本日の流れを説明します。進行はMV AGUSTA JAPAN エンデューロマネージャーこと楳津です。

as-P8072260.jpg

続いてインストラクター、講師の紹介です。



nakajima.jpg
中嶋宏明氏 オープンエリア代表。ライダーとしての経験も多数。
過去にトライアル国際A級、モトクロス国際B級のライセンスを所持。多数の入賞経験がある他、ISDEにも3度参戦。
1997年イタリア大会 シルバーメダル
2000年スペイン大会 ブロンズメダル
2001年フランス大会 シルバーメダル
2002年チェコ大会から、サポートとしてISDEに参加し、
日本人として初めてISDEの国際会議に出席。この年、日本チームは敢闘賞を受賞。
2005年スロバキア大会 メカニック
2006年ニュージーランド大会 クラブチーム疾颯メカニック
2007年チリ大会 トロフィーチームメカニック






CHU_10.jpg
小菅浩司選手 20歳からオフロードバイクに乗り始め、国内のエンデューロに出場。00年ISDEスペイン大会にスタッフとして参加し、02年チェコ大会、03年ブラジル大会、04年ポーランド大会に出場。2006年ニュジーランドに出場。5回目の挑戦で念願のトロフィーチーム入りを果たす。現在選手として活動すると同時に選手会会長も務めるミスターSIXDAYS。



S-2010Rd1_R8J0046.jpg

S-けんたろーmoto2.jpg


今回11/6のトライエンデューロはこの二人のほかに大西健太郎選手が協力していただけることになりました。ありがとうございます。大西選手は現在全日本スーパーモタード選手権、moto2クラスにおいて好成績を納めており2010シーズンランキングは2位。ご存知スーパーモタードはグラベルとターマックが混在しているコースであり、カットスリックタイヤでグラベルを走行するのは非常に難しいのですが、モトクロスの経験もある大西選手はグラベルセクションが最も速いライダーの一人です。今回はモトクロスの経験を活かして的確なレクチャーをしていただける事だと思います。


11:00 講師を交えてまずは完熟走行を行い自己申告制によってクラス分けを行います。

as-P8072276.jpg

コースは伊那サーキットのエンデューロコースを隅々まで活用して行います。ヒルクライム、丸太越えセクションなど本格的なコースレイアウトですね。

as-P8072293.jpg

思う存分楽しんでください。

as-P8072300.jpg

as-P8072305.jpg

フリー走行も終了し、クラス分けをします。
上級クラスは石井正美選手
中級クラスは松本康選手
初級クラスに小菅浩司選手が付き、ほぼマンツーマンでレクチャーします。これは非常に価値あるスクールです。

※11/6は初級者クラスに小菅選手 中上級クラスに大西選手の予定です。

as-P8072308.jpg

やはり同じエンデューロが好き同士、すぐに打ち解けスクールは笑顔でいっぱいです。

as-P8072309.jpg

as-P8072312.jpg

グループ分けが済み、少々のブリーフィングの後セクションに向かいます。セクションは三つに分かれており、皆さんそれぞれのスキルに合せてセクション練習を行っていたようです。

as-P8072322.jpg

こちらは石井正美選手のグループのようですね。皆さん真剣にレクチャーを受けています。

as-P8072323.jpg

こちらは松本康選手のグループです。

as-P8072327.jpg

こちらでは走行する前から転倒者がいた模様(笑)

12:30 午前中の走行が終わり、みんなで昼食です。ここで小菅浩司選手のタイヤ交換講座が始まります。

as-P8072347.jpg

皆さんただのタイヤ交換の実演は見たことがあると思いますが、今回行ったのはムースを装着した際の講座です。
これは非常に難易度が高く、しかも全日本エンデューロ(JEC)ではメンテナンスを出来るのはライダーのみ、しかも15分の時間制限を設けていますので、より早く正確に組み付ける必要があり、JECで上位でゴールする為には必須の作業となります。

as-P8072344.jpg

それをSIXDAYS出場経験を持つ小菅選手から直接レクチャーを受けれるなんて、非常に貴重な体験ではないでしょうか。

13:30 そして午後の部では再び各クラスごとに分かれてのセクション練習を行います。

as-P8072355.jpg


as-P8072351.jpg

15:00 閉会式・総評

as-P8072356.jpg

as-P8072358.jpg

各クラスを担当していただいた講師の皆さんから一言ずつ所感を述べていただき、閉会となりました。


いかがですか?今回はインストラクターに、モトクロス・MOTO1で現在活躍しております大西健太郎選手も協力していただき、充実した講師陣での開催となります。エントリーは11/4(木曜日)まで間に合います。御参加お待ちしております。

try_em6_web.jpg
エントリー申し込みはこちらのページから。







posted by 広報 at 19:02| イベント・アカデミア